室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX

  • HOME
  • テレワーカー&リモートワーカー必見!収納環境をアップする3つの方法

初めての方へ

テレワーカー&リモートワーカー必見!収納環境をアップする3つの方法

今や職種によってはスタンダードになりつつあるテレワーク&リモートワークですが、通勤がないことや仕事に集中できるなど、メリットがたくさんありますよね。

とはいえ、自宅が職場になるとどうしても机やその周りに荷物や書類が散らかりがちになりませんか?

収納環境というのはテレワークやリモートワークならではのお悩みであり、誰もが頭を抱える問題です。

そこで、テレワークやリモートワークで収納環境を劇的にアップさせる3つの方法をご紹介します。

集合住宅のような収納スペースが狭いお部屋でも簡単にアップできる方法ですので、限られたスペースを有効活用するヒントにしてみてください。

では、早速ご紹介します。

その① デスクの収納力をアップ

まず初めに、デスクの収納環境を変えてみるのはいかがでしょうか?

例えば、今あるデスクの収納環境をアップさせるにはインサイドワゴンがおススメです。

インサイドワゴンとは、袖机やデスクキャビンなどとも呼ばれ、2~3段の引き出しがあるワゴンで、いわゆる机の下や横に置くタイプの収納棚です。

インサイドワゴンのメリットは、わざわざ置くスペースを確保しなくてもよいという点や、キャスターが付いているので好きな場所へ気軽に運べるという点です。

大きい棚を新しく買うとなると、設置スペースを考えたり重いパーツで組み立てたりと、面倒なことが色々ありますよね。

でも、インサイドワゴンならデスクの下、足元のスペースにそのまま入れるだけなので、サイズに合ったものを買うだけで気軽に設置することができるんです。

また、デスクの幅が狭くて収まりきらないとしても、半分だけ収める工夫もできますし、全く収めないならワゴンの上にプリンターや観葉植物などを置くことができるので、デスクを拡張するアイテムと考えたら結構便利なアイテムですよ。

他にも鍵付きの商品が多いというメリットもあります。

自宅なら物理的なセキュリティは気にしなくても良いと感じるかもしれませんが、やはり会社の大切な情報を扱うわけですから、書類やUSBメモリ等を安全に管理することは大切ですよね。

インサイドワゴンの引き出しに鍵をかけておけば、家族やペットがデスクに近づいても万が一の心配がないので安心です。

インサイドワゴン
予算
1~2万円
手軽さ

オフィスコム オフィスワゴン サイドワゴン 3段オールロック 幅395×奥行510×高さ600mm シリンダー錠 ホワイト

created by Rinker

もしデスク自体の購入をお考えならパソコンキャビネットがおすすめです。

パソコンキャビネットとは、リビングなどに置く収納棚にパソコンテーブルが付いているものです。

一見普通の収納棚に見えますが、格納されているテーブルを引き出すとPCデスクになるという便利な機能付きの棚なんです。

テーブルはよくあるPCデスクに比べると小さいのでノートPC専用がほとんどですが、デスクトップPCが置けるパソコンキャビネットもどんどん増えています。

また、テーブルの奥行きが短い分、通常のデスクより足元のスペースがやや狭くなってしまいますが、収納力とスリムさを兼ね備えているので、どこに置いても見た目がよく、デスク周りに増えがちな荷物を一気に整理できるポテンシャルがあります

パソコンキャビネット
予算
1.5~3万円
手軽さ

すっきりパソコン収納シリーズ PCデスク 幅89.5cm

created by Rinker
dinos(ディノス)

その② 収納棚で収納力をアップ

部屋のスペースに余裕があるなら、収納棚を増やしてみるのはいかがでしょうか。

例えば、スチールキャビネットはみなさんご存じと思いますが、イメージはオフィスにある殺風景なものですよね。

でも最近はおしゃれなスチールキャビネットがたくさんあり、自宅の雰囲気に合わせてインテリアとして置けるようなものがたくさん売っています。

名前の通りスチールで作られているので頑丈さもあり、鍵付きのものも選べるので安全面もばっちりで便利です。

スチールキャビネット
予算
2.5~3万円
手軽さ

扉付き収納 REITZ 2ドア ロッカー JAC-03

created by Rinker
REITZ

とはいえ、今までの生活にテレワークやリモートワークが入り込むわけですから、部屋のスペースに余裕がないのが現状ですよね。

それなら、活かされていないデスク周りの使われていないスペースを活用しませんか?

例えば、デスクの上の部分にツーバイフォー材を使った手作りの棚を設置してみるのはいかがでしょうか。

「壁突っ張り」を使ったツーバイフォー材での棚作りが今とても人気で、賃貸でも壁に穴を開けずに本棚やハンガーラックを壁面に設置できる優れものです。

お近くにホームセンターが無くてもインターネットで必要な材料を全てそろえることができますので、届いたらすぐに家で組み立てることができます。

組み立てる大変さはありますが、自由に設計できるという既製品にない柔軟さがあるので、スペースが空きがちな上の空間を有効活用するには一番良い方法です。

デスク周りのサイズに合わせて理想の棚を作ってみると楽しいかもしれませんね。

ツーバイフォー材
予算
7千~1万
手軽さ

ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム 2×4 ディアウォールS ホワイト

created by Rinker
若井産業 WAKAI

その③ 外の収納力をアップ

どうしてもお部屋のスペースに余裕がないのなら、外に収納するのはいかがでしょうか。

外とはいっても、書類や大切な機器を外に出すのではなく、外で保管しても問題ない荷物を出して空いたスペースに仕事用品を収納するという手があります。

最近では、集合住宅のベランダのような狭いスペースでも設置できるスリムな物置があります。

もし物置が防水対応であれば、家電などの水に弱い荷物であっても収納することができますので、夏や冬しか使用しない季節用品を外に出すと、かなり広いスペースを確保することができます。

レジャー用品のような大型の荷物や、道具箱などの細々した荷物を外に収納すれば、家で使うものと外で使うものを分け管理しやすくなるというメリットもあります。

物置
予算
1.3~2万円
手軽さ

アイリスオーヤマ ブラック/グレー 幅90×奥52×高60cm ML-600V

created by Rinker
アイリスオーヤマ

とはいえ、安全面や荷物へのダメージを考えると物置は収納環境としてあまりメリットが無いように感じるかもしれません。

安全面や荷物へのダメージが解消され、どんな荷物でも置けるスペースを増やすことができたらいいですよね!

そんないろいろある収納の希望を叶えてくれるのがトランクルームです。

トランクルームは、貸倉庫やレンタル収納とも呼ばれ、荷物を置くスペースを借りることができる、今話題沸騰中のサービスです。

トランクルームのメリットは、収納環境が整っている場所に荷物をしまうことができる点です。

トランクルームの中でも室内型(ビルインタイプ)と呼ばれる種類がありますが、これは、建物の中にいろいろなサイズで仕切られた小部屋の1室に荷物を収納しておくことができるタイプになります。

この室内型であれば、家に収納するような感覚で荷物を置くことができるので、物置に入れるときに気になる雨やホコリなどを気にする必要がありません。

しかも、セキュリティがしっかりしているお店が多いので、家の邪魔な荷物だけでなく仕事の大切な荷物も置くことができるので、まとめて解決できる方法なんです。

テレワーカー&リモートワーカーの愛用者も多く、書類のような捨てることができない荷物や時々しか使用しない荷物の置き場所として使っているようです。

トランクルームのさらに詳しいメリットは「トランクルームとは」をご覧ください。

トランクルーム
予算
3千~1万円
手軽さ

まとめ

デスクまわり、収納棚、外の収納の3か所ごとに収納力をアップする方法をご紹介しましたが、できそうな方法はあったでしょうか。

テレワークやリモートワークをするうえで欠かせない収納環境ですが、仕事の荷物をうまく管理することがパフォーマンスを左右するカギといえるかもしれません。

快適な環境づくりをして、テレワークやリモートワークをさらに充実させていきましょう!

こちらもあわせてご覧ください