トランクルームは安全なサービスなの?優良業者が行う防犯対策をご紹介 | 室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX (東京杉並、宇都宮、福島)

室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX

初めての方へ

トランクルームは安全なサービスなの?優良業者が行う防犯対策をご紹介

大切な荷物を収納できるトランクルーム。

それだけに、本当に安全なの?狙われても大丈夫なの?と感じることがあるかもしれません。

もちろん、トランクルーム業者も様々な防犯対策はしていますが、トランクルームの基本的な種類である「室内型」と「屋外型」では環境が違うため、対策に差があります。

とはいえ、どんな対策をしているか事前にチェックしておけば、安心して収納できるはずです!

ここでは、トランクルーム業者が行っているセキュリティー対策とチェックすべきポイントを解説します。

基本的なものから徐々にレベルの高い対策へと順番にご紹介します。

また、その対策が「室内型」「屋外型」でどれほど取り入れられているかもお分かりいただけます。

対策① 収納庫の鍵

室内型
〇 多い
屋外型
〇 多い

基本中の基本ですが、どんなトランクルームであれ収納庫には必ずカギがついていますのでご安心ください。

鍵にはシリンダー鍵、南京錠、番号錠、ダイヤル錠といったタイプのものが一般的です。

ですが、この鍵は利用者が変わるごとに交換することが多いため、最初に鍵代が必要になるケースもあります。

そのため、特殊なタイプの鍵ではなく入手しやすいシリンダー鍵や南京錠といったものがよく使われています。

ここをチェック!

万が一いたずらや破壊行為があっても耐えられるよう、つるの露出が少なくて切断されにくい鍵が用意されているか、または追加で自分で用意したものも併せて使用できるかできるかチェックしておきましょう。

トランクルームは自分で管理することが基本ですので、収納庫のカギは抜かりなく確認しましょう。

対策② 監視カメラ

室内型
〇 多い
屋外型
△ 少ない

鍵以外の対策として多いのが監視カメラです。

監視カメラがあると、犯行の抑止力になりますし、問題があったら証拠が残りますので効果的な対策です。

室内型は設置されているお店が多いですが、屋外型は設置されているお店が少ないのでチェックを忘れないようにしましょう。

また、さほど気にする必要はありませんが、監視カメラの運営を業者自体が行っているか、委託されている警備会社が行っているかを把握しておくといいでしょう。

録画された映像の管理やトラブル時の対応力に差がでるかもしれません。

ここをチェック!

借りる収納庫が監視カメラの死角になっていないか、念のため確認しておきましょう。

対策③ ゲート(鍵付き)

室内型
〇 多い
屋外型
△ 少ない

室内型は、その建物に入るための玄関があるので基本的に鍵付きのゲートがあるといえます。

対して屋外型はゲートを設置しているお店はあまりありません

というのも、頑丈なコンテナを使用した収納庫が多いため、敷地内に侵入できても収納庫の中に侵入するハードルが高いからです。

そうなると収納庫の中に侵入するにはカギの破壊が手っ取り早いですので、カギは頑丈なものにするべきです。

ゲートの種類はアコーディオンタイプ、フェンスタイプ、バータイプなど様々で、定番のタイプはありません。

ゲートに付いている鍵は、ナンバーキーやカードキー、交通系ICカードが利用できる鍵などがあります。

ここをチェック!

屋外型の場合、ゲート設置されているだけなのか、鍵付きだったりカメラで監視しているなど他の設備と組み合わせているかチェックしておきましょう。

また、ゲートの高さもポイントで、低いと簡単に侵入できて荷物を運び出せてしまいます。

高いと侵入にも運び出しにも時間がかかりますので、犯行の抑止力になります。

対策④ 入退館管理

室内型
〇 多い
屋外型
× ない

これは、鍵付きのゲートがあるお店に導入されている設備で、室内型ではよく採用されています。

ゲートの解錠をする際に、鍵の個体番号や利用者を電子的に記録します。

ほとんどは大手の警備会社がシステムを運営しています。

カードキーやタグキー、交通系ICカードをゲートの鍵として使用しているお店なら、導入されている可能性がとても高いです。

記録されるメリットとして、仮にトラブルの原因が利用者によるものだった場合にすぐに犯人を特定できるので、利用者のトラブルを抑制できます。

さらに、警備会社に通報してくれる機能もあるので、ゲートを無理やり突破しようとするなど異常があるとすぐに警備会社の機動隊が駆けつけてくれます。

屋外型は鍵付きのゲートが少ないため、入退館管理をしているお店はほとんどないでしょう。

ここをチェック!

導入されていればチェックするべきことは特にないでしょう。

利用時の話ですが、入退館管理は他の防犯システムと連動しているとこが多いので、退館時に施錠を忘れないよう注意が必要です。

対策⑤ 人感センサー

室内型
△ 少ない
屋外型
× ない

施錠されているときに建物内で動きがあると、センサーが反応して警備会社に通報してくれるものです。

ゲートを避けて侵入できても人感センサーが動きをとらえてくれるので、荷物に行きつくことは難しいでしょう。

鍵付のゲートが設置された室内型のお店なら人感センサーが付いている可能性が高いです。

なぜなら、人感センサーはゲートが施錠されると監視モードになり、ゲートが解錠されると監視が止まるという形で動くからです。

センサーが反応し警備会社に通報されると、すぐに警備会社の機動隊が駆けつけてくれます

屋外型は人感センサーに向いていない環境ですので、導入されているお店を見つけるのは難しいでしょう。

ここをチェック!

導入されていればチェックするべきことは特にないでしょう。

利用時の話ですが、中に人がいる状態で施錠するとセンサーが反応して通報されてしまい、ちょっと面倒なことになります。他の利用者がいそうな気配があれば、確認しておいたほうがお互いにとっていいでしょう。

対策⑥ 常駐スタッフ

室内型
△ 少ない
屋外型
× ない

常にお店にスタッフがいて、お客の対応だけでなく巡回警備を行います

トラブル時に警備会社の機動隊が駆けつけるスピードも十分速いですが、スタッフが常駐していれば対応スピードが格段に上がります。

スタッフがいることで、利用者同士のトラブルも抑制でき、安心感も増します

ただし、スタッフを常駐させている業者はかなり稀で、さらに屋外型で探すのは超困難です。

ここをチェック!

スタッフが常駐している時間を確認しておきましょう。

対策⑦ フロア立ち入り制限

室内型
△ 少ない
屋外型
× ない

利用者が自分の収納庫があるフロア以外に立ち入れないようになっているものです。

これは、室内型でエレベーターがある大きなお店で導入されているシステムです。

ゲートの解錠時に利用者を識別し、その利用者の収納庫がある階以外にエレベーターが止まらないようにしています。

立ち入り制限を各階ごとに行うことで、利用者によるトラブルや犯行をさらに抑制することができます。

また、万が一トラブルが起きても被害を最小限に抑える効果もあります。

ここをチェック!

エレベーター付きのお店ならフロア立ち入り制限があるか確認しましょう。

対策⑧ トランクルーム保険

室内型
△ 少ない
屋外型
△ 少ない

万が一トラブルが起きて荷物が被害に遭った時、保険で補償してくれるものです。

基本的なことですが、「室内型」「屋外型」のトランクルームはスペースを貸すことがサービスの目的ですので、盗難等の被害にあっても通常は業者に責任はなく、補償されることはありません

ですので、保険による補償が可能なトランクルーム業者は、ぜひ選んで欲しい優良業者といえます。

保険内容は家財保険に近く、補償対象に盗難も含まれていることが多いです。

これまでご紹介した多くの警備設備が導入されていて、対策が講じられているなら、盗難被害はめったに起きることはありませんが、水災や火災などの被害も対象になる場合がありますのでとても大切です。

ここをチェック!

対象となる事象や適用の条件があるので、保険の内容をよく確認しましょう。

BBOXが行う防犯対策は?

BOXではこれまで紹介した中で、以下の防犯対策を行っています。

室内型トランクルーム BBOX の対策

BBOXではご紹介した対策の中の6つを備えています。

特に、警備システムは大手警備会社ALSOKのものを導入しておりますので、対応のスピードが違います。

また、保険も盗難は補償の対象になりますのでご安心ください!

低価格ながら、高品質のトランクルームを自信をもってご提供しております。

屋外型トランクルーム BBOX LITE の対策

BBOX LITEもご紹介した対策の中の6つを備えている数少ないトランクルーム業者です。

屋外型でありながら室内型に負けないほど警備には力を入れて対策しております。

こちらも、大手警備会社ALSOKの警備システムを導入しております。

また、屋外型でも盗難が対象になる保険を用意しておりますので安心してご利用いただけます。

よくあるコンテナとは全く違うBBOXの屋外型トランクルームをぜひご活用ください!

※適用には諸条件がありますので、詳細はお問合せください。

こちらもあわせてご覧ください