室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX

  • HOME
  • 宅配型トランクルームとは?メリットデメリットは?

初めての方へ

宅配型トランクルームとは?メリットデメリットは?

日本全国で身近になってきたレンタル収納サービスのトランクルームですが、時代に合わせて次々と新しい収納サービスが出回ってきています。

特に今人気を得ているのが「宅配型トランクルーム」と呼ばれるサービスです。

宅配型トランクルームとは、収納したい荷物を箱に詰めて宅配業者に集荷してもらうだけの、手軽で簡単に利用できる収納サービスです。

ここ数年で宅配型トランクルームのサービスが増えてきていますので、活用をお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで、宅配型トランクルームのメリットとデメリットをトランクルーム業者ならではの目線でご紹介します。

宅配型トランクルームのメリット

メリット① 宅配型だから自宅で完結
宅配型というジャンルの通り、収納する荷物の出し入れは宅配業者を通して行われます。

ですので、自分で荷物を収納しに出向く必要が無く、収納庫内の整理などもする必要がありません。

家から出ずとも家以外の場所に収納できる、これが1番のメリットですね。

メリット② 荷物の管理は業者にお任せ
宅配型トランクルームは、荷物を預かってくれるサービスですので、業者が丁寧に管理してくれます。

このようなサービスを運営する場合、国土交通省への登録が必要になり、倉庫業法として定められている基準に沿った施設と管理が求められるため、様々な設備が整った快適な倉庫で保管してくれます。

ですので、預けたあとの管理は業者にお任せできるとても楽なサービスなんです。

メリット③ 利用料がリーズナブル
ほとんどの宅配型トランクルームは、預けた箱のサイズや数で利用料が決まります。

しかも1箱あたり500円以下の場合が多く、とってもリーズナブル。

預けた分だけ支払えばいいので、無駄がなく手軽に始めることができます。

メリット④ 預けた荷物をいつでも確認できる
トランクルームを使うときに、どんな荷物を預けたか覚えておくのって結構面倒くさいんですよね。

宅配型トランクルームは、預け主が預けた荷物を管理しやすいよう、荷物の管理システムを導入しています。

この管理システムを使えば、いつでもどこでもPCやスマホで自分の預けた荷物をチェックできるので、とっても便利です。

メリット⑤ オプションサービスが充実
宅配型トランクルームは、ただ荷物を預かるだけでなく、オプションによって預けた荷物にプラスアルファの対応をしてくれるのも特徴です。

例えば、衣類を預けるならクリーニングのオプションをつけることができたり、荷物が必要なくなったときは処分のオプションを使ったりと、各業者が色々と用意しています。

オプションを上手に活用すれば、もっと時短を極めることができそうですね。

宅配型トランクルームのデメリット

デメリット① 出し入れは手配料や配送料がかかる
出し入れは宅配業者を通して行われる分、配送料や宅配業者の手配料がかかってしまいます。

ですので、料金のことを気にすると気軽に出し入れができないことになります。

また、自社で配送する業者もありますが、対応エリアが限られているため、お住いの地域で利用できない場合があります。

出し入れを頻繁にするようなら、通常のトランクルームの方が良いでしょう。

デメリット② 荷物がすぐに取り出せない
預けた荷物は業者によって管理されているので、すぐに取り出すということができません。

ほとんどの場合、取り出したい荷物の依頼後、業者が取り出しと配送手配をし、翌日以降に届くといった流れになります。

いつ必要になるかわからない荷物を収納したり、すぐに取り出せるようにしたいなら、通常のトランクルームの方が良いでしょう。

デメリット③ 重い荷物や大きい荷物は追加料金
宅配型トランクルームは、自社規格の箱に荷物を詰めてもらうシステムになっていて、詰めることができる重さの制限があります。

そのため、規格外の大きさの荷物や重い荷物は別料金になってしまい、かつ配送料も含めると意外とお値段が高くついてしまいます。

重い荷物や大きい荷物を気軽に収納したいなら、通常のトランクルームの方が良いでしょう。

デメリット④ 料金が分かりずらい
宅配型トランクルームのサイトにある保管料だけ見ると安く感じます。

しかし、詳しく見ていくと登録料や各種手数料、配送料、撮影料に加え、いろいろなプランもあったりするので、自分の使い方だと結局いくらかかるのか、高くつくのか安く済むのかがわかりくいかもしれません。

料金設定がシンプルで分かりやすい収納サービスを利用したいなら、通常のトランクルームの方が良いでしょう。

宅配型トランクルームは自分に合ってる?

メリットとデメリットをご紹介しましたが、結局のところ宅配型トランクルームを使うのが一番いいのでしょうか?

正解は、収納したい荷物がどのようなものか、どのように管理したいかで変わります。

宅配型トランクルームがおススメの方は

・出し入れはほとんどしない
・荷物を管理する時間を省きたい
・箱に入る細々した荷物が多い
・オプションを活用して預けた荷物を運用したい

屋内型や屋外型トランクルームがおススメの方は

・出し入れをそこそこする
・重さや大きさの制限に縛られたくない
・必要な時すぐに取り出したい
・料金の変動を気にしたくない

例えば、次のような荷物を収納したいならどちらが良いでしょうか。

シーズン物の荷物を収納したい
シーズン物の家電や布団、タイヤなど重さや大きさのある荷物を収納したいなら屋内型トランクルームがおススメです。

衣類だけならクリーニングオプションがある宅配型トランクルームが便利でおススメです。

家族の思い出の品が捨てられないから収納したい
思い出の品は取り出す機会が少ないと思いますので、育児用品やおもちゃ、写真アルバムといった細かな荷物だけなら宅配型トランクルームがおススメです。

ベッドや遊具、家具のような大型の荷物もあるなら屋内型トランクルームがおススメです。

趣味で集めている品やコレクションを収納したい
趣味で集めた品は時々自分の手元に置いて鑑賞したり管理したいものですよね。

収納庫から動かすことなくコレクションを見たり、すぐに手元に戻せるという点では屋内型トランクルームがおススメです。

頻繁に出し入れしないことが分かっていたり、価値の高い品や高価な品を収納したいなら、保管に特化した宅配型トランクルームがおススメです。

会社の書類や資材、備品を収納したい
書類を参照することなく保管のみしたい場合は宅配型トランクルームがおススメです。

時々書類を確認する必要があるなら屋内型トランクルームがおススメです。

また、資材や備品はいつ必要か前もって分かるなら宅配型トランクルームで十分ですが、サイズが大きかったり急に必要になる場面があるなら、屋内型や屋外型のトランクルームがおススメです。

ご自分に適したサービスが見えてきたでしょうか?

トランクルーム業者がおススメする宅配型トランクルームは?

宅配型でおススメのトランクルームをご紹介します。

AirTrunk(エアートランク)

AirTrunkの特徴
・配送料が何度でも無料(対応エリアのみ)
・箱単位のプランからスペース単位のプランまで充実
・オプションサービスも充実

AirTrunkは日本初の配送無料の宅配型トランクルームとして有名です。

東京圏と愛知を中心とした対応エリアでは自社の配送車でスピーディーにお届け。

とはいえ、対応エリア外でも宅配業者に依頼してくれるので、全国どこでも利用できます。

さらに、搬入搬出もサポートしてくれるうれしいサービスも。

AirTrunkのユニークな特徴として、箱の数が決まっているプランや、2畳から10畳までのスペースを借りることができるプランなど、用途に合わせてプランを選ぶことができます。

預けたい荷物の量が少ないなら「ダンボール3箱プラン」がおススメですし、段ボールに入らいない大型の荷物や大量の荷物、いびつな荷物があるならスペースごと借りるプランにすればどんどん荷物を預けることができます。

さらに、「コンシェルジュサービス」と呼ばれるオプションは、衣類をたたんで預けたくないときに使える「ハンガー保管サービス」や、売りたい荷物を査定し買取してくれる「買い取りサービス」など、たくさんの種類があるので、荷物に関係したお悩みをAirTrunkだけでいろいろと解決できます。

もちろん、預けた荷物は高品質の倉庫で徹底管理してくれるので、預けた後は心配不要です。

AirTrunk
月額料金 1,000円~104,800円(税抜)
プラン数 21
支払方法 クレジットカード
オプション クリーニングサービス、ハンガー保管サービス、全国発送サービス、買い取りサービス、処分サービス、撮影サービス

宅配型トランクルームのメリットがいっぱい詰まった宅配型トランクルームAirTrunkをぜひ活用してみませんか?

AirTrunk公式サイトはこちら

こちらもあわせてご覧ください