minikura(ミニクラ)を実際に使ってみた!レビューや感想を詳しくご紹介 | 室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX (東京杉並、宇都宮、福島、松本)

室内型レンタル収納・トランクルーム BBOX

はじめてガイド

minikura(ミニクラ)を実際に使ってみた!レビューや感想を詳しくご紹介

minikuraの箱

宅配型トランクルームの代表格といえば「minikura(ミニクラ)」

宅配型トランクルームを使ってみたいなと思っている方なら必ず目にするサービスだと思います。

でも選ぶ時って、どんな使い心地なの?本当にこの価格なの?自分に向いてるの?といったギモンがありますよね。

そこで、ミニクラ実際に使ってみたレビューや感想を忖度なしでお伝えします!

minikura(ミニクラ)についてカンタンにご紹介

天王洲にある寺田倉庫の倉庫群と水上ホテル

ミニクラは、寺田倉庫株式会社が運営している宅配型トランクルームです。

寺田倉庫株式会社は、1950年に東京で創業し半世紀以上に渡って倉庫業を営んでいる会社です。

ワイン、美術品、楽器、データなどの保管サービスにとどまらず、レンタル収納スペースやイベントホールの貸し出しサービス、最近は品川区の天王洲に水上ホテルをオープンするなど、幅広い取り組みをしています。

2012年に宅配業者を通して荷物を預けられる個人向けのサービス「minikura」をリリースしました。

宅配型の特徴といえば、中身を開封して撮影し必要なアイテムだけを取り出せるというシステムですが、これは「minikura」が発祥です。

だから、「minikura」が宅配型トランクルームの代表格と言えるわけです。

minikura(ミニクラ)の仕様をチェック

ミニクラのサービス内容とプランなどの基本的な仕様をご紹介します。

ミニクラ画像minikuraのウェブサイト

基本情報
運営会社 寺田倉庫株式会社
提供開始 2012年9月
保管 自社
登録方法 ウェブサイト
アプリ なし
最短集荷日 当日
最短配達日 当日
祝日、連休対応 対応
ダンボール提供 無料提供
(自前は使用不可)
早期取り出し料金 あり
(入庫から2ヶ月間)
アイテム撮影 あり
空調 あり
支払方法 クレジットカード
対応エリア
全国

プラン① ボックス保管(撮影なし)

ミニクラのプランの中で最も低価格で利用できるプランです。

アイテムの写真撮影がないので、点数制限もありません。

ただし、アイテム単体の取り出しやオプションは利用できませんので、取り出しはボックスごとになります。

ボックス保管(撮影なし)は「HAKO」という名称で、4つのボックスから選ぶことができます。

minikuraHAKO ラージ
サイズ (幅×奥行×高さ) 68cm × 45cm × 38cm
月額 480円
取り出し送料 1年未満 1,320円
1年以上 0円
minikuraHAKO レギュラー
サイズ (幅×奥行×高さ) 38cm × 38cm × 38cm
月額 275円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円
minikuraHAKO ワイド
サイズ (幅×奥行×高さ) 60cm × 38cm × 20cm
月額 275円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円
minikuraHAKO ブック
サイズ (幅×奥行×高さ) 42cm × 33cm × 29cm
月額 275円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円

プラン② ボックス保管(撮影あり)

アイテムを30点まで写真撮影をしてくれる定番のプランです。

アイテム単体で取り出しができるプランですので、必要なものだけ引き出すことができます。

アイテムに対応したオプションも利用することができます。

ボックス保管(撮影なし)は「MONO」という名称で、4つのボックスから選ぶことができます。

minikuraMONO ラージ
サイズ (幅×奥行×高さ) 68cm × 45cm × 38cm
月額 600円
アイテム取り出し送料 880円
箱ごと取り出し送料 1年未満 1,320円
1年以上 0円
minikuraMONO レギュラー
サイズ (幅×奥行×高さ) 38cm × 38cm × 38cm
月額 330円
アイテム取り出し送料 880円
箱ごと取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円
minikuraMONO ワイド
サイズ (幅×奥行×高さ) 60cm × 38cm × 20cm
月額 330円
アイテム取り出し送料 880円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円
minikuraLibrary
書籍、DVDやCDなどのソフト専用プラン。
撮影してくれる点数に制限がない。ただし重量は20kgまで。
サイズ (幅×奥行×高さ) 42cm × 33cm × 29cm
月額 495円
アイテム取り出し送料 ゆうメール:391円
宅配便:550円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円

その他のプラン

ミニクラは、衣類に特化した専用プランが充実しています。

minikuraCloset
衣類をハンガーで吊るして保管するプラン。
最大10点まで預けることが可能で、1着550円で取り出しできる。写真撮影もあり、クリーニングオプションも使用可能。
専用バッグ (幅×奥行×高さ) 40cm × 40cm × 40cm
月額 550円
取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円

minikura クリーニングパック
クリーニングと6ヵ月間保管がセットになったプラン。
最大10点まで預けることが可能。保管方法もハンガーまたはたたみから選択できる。
専用バッグ (幅×奥行×高さ) 40cm × 40cm × 40cm
保管料 (6ヶ月) 12,100円
7ヶ月目以降 550円/月
アイテム取り出し送料 880円
箱ごと取り出し送料 1年未満 1,100円
1年以上 0円

minikura(ミニクラ)を使うメリットは?

天王洲の寺田倉庫の倉庫

寺田倉庫という安心感

寺田倉庫は数々のメディアに取り上げられるほど実績とブランド力があります。

宅配型トランクルームの代表格だからこそ、サービスには安心感があります。

宅配型トランクルーム初心者にオススメです

初月分が無料

預けた月の料金は、倉庫に到着した日からの日割りになる場合が多いですが、ミニクラは初月分が無料です。

初期費用を徹底的に抑えられるのがミニクラの特徴です。

できるだけ低価格で利用したいならおすすめです

1年以上預けたら取り出し時の送料が無料

基本的に、預け入れの送料は無料で、引き出しの送料は有料というシステムが一般的です。

でも、ミニクラなら1年以上保管した荷物の引き出し送料も無料になるんです。

1年以上預ける予定ならオススメです

minikura(ミニクラ)を使うデメリットは?

スマホを見て悩むカップル

大型の荷物は預けられない

ミニクラは、自社専用のボックスを使って預けるシステムですので、荷物はボックスに入ることが前提です。

大型家電や家具など、ボックスに入らない荷物を預けたいなら「スペースプラン」を提供してる宅配型トランクルームを利用しましょう。

大きな荷物を預けたい方にはオススメできません

アプリの提供はない

アプリが無いのでウェブブラウザからログインしてサービスを利用します。

わざわざ必要ないかもしれませんが、手軽にチェックできるといいなと思います。

アプリで気軽に管理したい方にはオススメできません

業界最安値ではない

数ある宅配型トランクルームの中でもミニクラは低価格ですが、最安値ではありません。

詳しくは「宅配型トランクルームを徹底比較」をご参照ください。

最安値で使いたい方にはオススメできません

実際にminikura(ミニクラ)を使ってみた!

ここからは、実際に使ってみた様子や感想・レビューをしていきます。
※2022年7月の時点の内容になります。

以下の点に注目しながら使ってみたいと思います。

登録から取り出し、解約の手順や操作の分かりやすさ
箱のサイズ感や強度
料金のお手軽さ
出し入れのしやすさと届くまでの日数
アイテム取り出し時の梱包状態

今回は、宅配型の定番であるアイテムの撮影付きプランを使ってみたいので、「ボックス保管(撮影あり)」の「minikura MONO」プランにある「レギュラー」を試してみます。

では、さっそく見ていきましょう!

登録とプランの申し込み

スマホでの操作手順をご紹介します。

1. 登録する

まずはミニクラに登録しましょう。

ミニクラ公式サイトはこちら

公式サイトにアクセスして、「はじめる」または下の「今すぐBOXを取り寄せる」を選択します。

minikuraトップページ

①登録方法選択」に進みますので、Facebook、Google、メールアドレスのいずれかの方法で登録をします。
今回は「メールアドレスで新規会員登録」で進めます。メールアドレスを入力し「送信する」を選択します。

「①登録方法選択」ページ

入力したメールアドレス宛にメールが届くとのことです。

「①登録方法選択」ページ

筆者の場合、1分以内にメールが届きました。メールを開封して記載されているURLに飛びます。
②お名前入力」の画面に進みますので、名前、生年月日、性別を入力します。

「②お名前入力」ページ

パスワードを作成し入力します。
「お知らせメール」は希望する方を選択してください。
入力が終わったら「次へ」を選択します。

「②お名前入力」ページ

次は「③ご住所入力」です。
ここは、集荷や送付先となる住所を入力しましょう。例えば、基本的に会社や事務所で受け渡しするならその住所を入力します。

「③ご住所入力」ページ

住所の次に「紹介コード」の入力欄がありますが、紹介コードをお持ちでない場合は無視して構いません。
最後に「minikura利用規約に同意する」のチェックボックスがあります。赤文字がリンクになっているので選択して読んでおきましょう。同意するならチェックボックスを選択します。
入力が終わったら「次へ」を選択します。

「③ご住所入力」ページ

次は「④登録内容確認」です。
②と③で入力した内容に間違いがないか確認します。
問題なければ「完了」を選択します。

「④登録内容確認」ページ

これで「登録完了」となります。

はじめる

続けて申し込みを進めるなら「サービスの申し込みへ進む」を選択しましょう。

ここまでかかった時間は、利用規約を読む時間を除くと5分ちょっとでした。

シンプルな手順でしたし、難しい操作もないので、分かりやすい印象です。

2. 申し込みをする

次にプランを選んで申し込みをします。
マイページ」から「サービスの申し込み(ボックスの取り寄せ)」を選択します。

マイページ

①プラン選択」ページに進みます。
まずは、「ボックス保管」か「吊るして保管」を選択します。

「①プラン選択」ページ

「ボックス保管」の場合、「アイテム撮影あり」のボックス一覧と「アイテム撮影なし」のボックス一覧が表示されます。
申し込みたいボックスの右隣にある「0箱 ▼」ボタンを選択して、取り寄せる箱数を選択します。

「①プラン選択」ページ

箱数を選択できたら、下に進み、「カード新規登録する」でクレジットカード情報を入力します。入力できたら「このカードを登録する」を選択します。

「①プラン選択」ページ

下に進み、「お届け先住所」を選択します。
最初に登録した住所が表示されていますが、他の住所で集荷してもらいたい場合は住所を選択し「お届け先を追加する」を選択して送付先を入力します。

次にボックスの「お届け希望日と時間帯」を選択します。
こちらは必須になるので、すぐに届けてほしい場合は最短の日時を選択しましょう。
入力できたら「申込内容の確認」を選択します。

「①プラン選択」ページ

次は「②確認」です。
①で入力した内容に間違いがないか確認します。注意事項にも目を通して、2ヵ所あるチェックボックスを選択します。

ボックスが届いた後にキャンセルや返品をすることはできませんので、依頼する箱数に間違いがないかチェックしましょう。

「②確認」ページ

そして「申し込む」を選択します。

「②確認」ページ

これで「③完了」となります。

「③完了」ページ

申込もほぼ1ステップなので、5分程度で完了できます。

プラン選択時も、プラン名のリストにボックスの写真もついているので、選択や操作のミスがないように工夫されていると思います。

後は、選択したボックスの「お届け希望日と時間帯」を待ちましょう!

ボックスの受け取りと箱詰め

希望の日時にボックスが無事届きました。

ボックスはビニールでキレイに包装されています。

minikuraのボックスが到着

セット内容
ボックス、宅配伝票

ボックスには「お預かりできないもの」やアイテムの制限数、「お預け入れまでの流れ」といった説明が分かりやすく書かれていますので、これなら迷わずに進められそうですね。

ボックスにある表記

ボックス自体はCかBフルート(4-5mm)程度の厚みがあり、組み立てたら20kgまでなら安心できそうな強度です。

ボックスの厚さ

まずは、ボックスの底を組み立てましょう。

テープを用意しておきましょう。クラフトテープより布テープの方が耐久性があるのでおススメです。

ニチバン 布テープ 50mm×25m巻 1215-50 白
created by Rinker

組み立ててから中をのぞくとこんな感じです。

ボックスの中

よくある段ボールは、底になる内フラップの間に隙間ができるので強度に不安がありますが、このボックスは全く隙間がないので安心感があり、この辺の作りはさすがという印象です。

また、重量制限は20kgなので、この強度なら20kgでも大丈夫だと思えます。

身近な段ボールと比べてみました。

ほかの箱との比較

大手通販会社の中くらいの段ボールと、2ℓペットボトル6本入りの段ボールを並べるとやはりミニクラのボックスは結構大きいですね!

では早速詰め込んでいきましょう。

レギュラーの収納量を調べてみました

ミニクラのレギュラーサイズのボックスにはどれだけ入るでしょうか。

トランクルームに預ける代表的なアイテムを使って、収納量の目安を調べてみました。

・新書判

新書判を入れた様子

コミックスを数冊しか持っていないので計算上になりますが、横22列(11冊で半分)、縦3列、高さ2段入るようです。

つまり、全部で約132冊入るという計算になります。

重さ上限は20kgなので132冊を入れると追加料金が発生します。コミックスは1冊約250gなので、76冊(1段+10冊)で20kgぐらいです。

・Tシャツ

Tシャツを入れた様子

メンズのSサイズTシャツを1/4にたたんで入れてみました。

こちらも計算上になりますが、横1列、縦2列、高さ14段(7枚で半分)入るようです。

つまり、全部で約28枚と隙間に+数枚入る計算になります。

Tシャツは約150gなので、30枚なら重さもクリアできるでしょう。ただし、詰めすぎは服に良くないので8割くらいが理想的です。

・シューズボックス

シューズボックスを入れた様子

レディースシューズのシューズボックスをそのまま入れてみました。

横1列、縦2列、高さ3段入ったので、6箱なら入りそうです。

シューズは、シューズボックスなどを利用して余裕をもって入れたほうが、しわや変形の心配がありません。

・レコード

レコードを入れた様子

レコードは1枚すっぽり入ります。

上と横に少し隙間ができるのでそのスペースにも数枚入れられそうですね。

レコードはジャケット込みで約200gなので100枚ぐらいはOKですが、厚みは約0.5mmなので収納できるのは70枚+数枚になりそうです。

・A4ケース

A4ケースを入れた様子

100円ショップなどにあるA4ケースを入れてみました。

サイズは、幅25.3cm、奥行き31.7cm、高さ2.7cmで、A4のクリアファイルごと入れられる少し大きめのケースです。

倒して入れてみましたが、横1列、縦12列(3ケースで1/4)、高さ1段入るようです。

さらに、横の隙間は2ケース、上の隙間は4ケース入るので、全部で17ケース入るといった感じです。

A4ケースに書類をほどほどに詰めると500g程度なので、17ケースで約8kgの計算になります。書類はたっぷり入れられますね!

3. 箱づめ

今回は、以下の30点をボックスに詰めて預けます。

預ける荷物の写真

預けるアイテム
冬物グッズ6点、衣類2点、PC周辺機器3点、書籍17冊、A4ケース1点、ソフトウェア1点

撮影アイテム数は30点となります。30点を超えたら残りはまとめて撮影されます。どのアイテムをまとめるかはミニクラの判断となります。

全体の値打ちは5千円しないと思いますので、万が一保管中に荷物がダメになっても補償限度額の範囲内に収まるでしょう。

ミニクラは、補償の上限を1箱当たり1万円としていますので、「寄託価額」つまり1箱に入れる荷物全体の値打ちが1万円以内になるようにしましょう。

試しに、冬物のグッズの一部をシューズボックスに、コミック13冊をOPP袋でパッケージングしましたので、何点でカウントされるか見てみたいとおもいます。

公式サイトには「袋などにまとめられたものは1点として取り扱います。」とありますので、1点でカウントされると思います。

荷物をボックスに詰めた様子

ピッタリ入りましたので、上部のフラップを閉じてテープを貼って封をします。

預ける準備が完了

重さが気になるようなら、封をする前に計っておきましょう。

筆者は、ボックスを持って体重計に乗り自分の体重を引いて計算したところ約14kgでしたので重さもクリアです。

最後に、宅配伝票に発送元の情報を記入してボックスの所定の位置に貼り付けます。

次に集荷を依頼します。

集荷の依頼と入庫

4. 集荷の依頼

ミニクラの「マイページ」から、またはボックスの集荷を依頼をします。

ボックスが自宅に届いた日の翌々月末までに倉庫に到着しなかった場合、初期費用として1ヵ月分の保管料がかかります。(例:6月中に届いたら8月末まで無料)

マイページ」から「預け入れ」を選択します。

マイページ

①ボックス選択」ページへ移動しますが、「minikuraMONO、minikuraLibraryの「外装を除いて撮影」について」というポップアップが表示されます。確認したら「閉じる」を選択しましょう。

「①ボックス選択」ページ

「新しく取寄せたボックスを預ける」を選択すると、下に取り寄せた箱の一覧が表示されます。
預けたい箱にチェックを入れて「次へ」を選択します。

「①ボックス選択」ページ

②ボックス情報入力」で「ボックスに名前を…」の項目に名前を入力します。引越しの時に段ボールにラベリングする感覚でつけると分かりやすいかなと思います。

その下に「外装を除いて撮影」の項目がありますが、最初に表示された『「外装を除いて撮影」について』というポップアップがこの項目の説明ということになります。
今回は、「外装を除いて撮影」は無しにしますので、シューズボックスとコミックはそれぞれ1点としてカウントされるはずです。

「②ボックス情報入力」ページ

次に「ボックスの配送方法」で、集荷か持ち込みかを選択します。
集荷の場合、「集荷に伺う住所」と「集荷希望日と時間帯」を選択します。
そして、下の「内容を確認する」を選択します。

「②ボックス情報入力」ページ

次は「③確認」です。
①と②で入力した内容に間違いがないか確認します。

「③確認」ページ

注意事項にも目を通して、「注意事項に同意しました」のチェックボックスを選択します。
そして「この内容で預ける」を選択します。

「③確認」ページ

④完了」となりますので、これで集荷の依頼は完了です。

「④完了」ページ

希望の日時に宅配業者が集荷に来てくれました。

集荷の流れは、伝票の確認をしてもらい、控えを受け取って完了です。

後は倉庫に届くのを待ちましょう!

5. 到着

集荷の翌日には、メールで倉庫に到着したとの連絡が入りました。

到着後「ボックス保管(撮影あり)」の場合は、中身の確認やアイテムの撮影などがありますので、保管が開始されるまでに数日かかります。

メールにも、「5日営業日程度」とありますが、今回は到着の連絡の2日後に入庫完了の連絡が入りました。

これで預け入れは完了です!

全体的にとてもスムーズに進めることができました。

ボックス確認

入庫完了の連絡があれば、預けたアイテムの写真付きリストを見ることができます。

「マイページ」から「ボックス確認」を選択します。

ページ

ボックス一覧が表示されますので、中身を見たいボックスを選択します。
ボックスは「4. 集荷の依頼」の「②ボックス情報入力」で入力したボックス名で検索することができます。
または、「並び替え」から預けた日、ボックスID、ボックス名をソートして見つける方法もあります。

「ボックス」ページ

ボックスの詳細ページに進みますので、下にスクロースしていくとアイテムの写真付きリストがあります。
キレイに撮影されていますね。
シューズボックスとコミックはやはり各1点としてカウントされていました。

「ボックス」ページ

また、アイテムを選択するとアイテム情報を見ることができます。
下にある「内容を編集」ボタンから「アイテム名」と「備考」を分かりやすいように編集することもできます。

「ボックス」ページ

また、オプションもここから選べるようになっています。
「ヤフオク!に出品」と、衣類の場合「クリーニングを申し込む」が表示されます。

「ボックス」ページ

アイテムを見つけてすぐに依頼できるのは便利ですね!

minikura(ミニクラ)を使った感想・レビュー

ミニクラを実際に使う上で注目した点の感想・レビューです。

登録から取り出し、解約の手順や操作の分かりやすさ

評価

実際に使ってみて、難しいと感じる手順はありませんでした

ウェブサイトの申し込みフォームもシンプルでしたので、使いやすさにこだわっている印象です。

登録方法としてGoogleやFacebookなどのアカウントが使える点も良かったですが、登録に使えるサービスがもっと増えるといいですね

箱のサイズ感や強度

評価

今回はレギュラーサイズでしたが、小物等を30点入れるにはちょうど良いかと思います。

正方形のボックスって微妙かなと思いましたが、実際に入れてみると色々収まりましたので、使いやすいサイズのボックスを取り揃えている印象です

重量制限は20kgまでとなっていますが、その分の強度としては不安はありませんでした。

ボックスは袋に入って届くので丁寧な感じがしますが、エッジの部分に潰れがいくつかあったのでちょっと気になりました

また、取っ手が無いので荷物を入れてから運ぶときにちょっと大変です。

料金のお手軽さ

評価

箱代やその送料、集荷や預け入れなどどれも一切料金は掛かりませんでした。

保管開始までにかかる料金がないのがとてもいいです

それでいて、月額330円はびっくりするぐらいリーズナブルです。

もっと色々なオプションやプランが使えるようになると面白いかなと思いました

出し入れのしやすさと届くまでの日数

評価

ボックスが届く日時や集荷の日時が指定できる点はとても便利です。

シーズンによるかもしれませんが、倉庫に到着後2日後には保管開始になったのでスピーディーな対応だと思います。

こまめにメールでお知らせしてくれるところも安心感があって好印象です。

アイテム取り出し時の梱包状態

評価

準備中…

まとめ

以上、ミニクラを実際に使ってみたレビューや感想をご紹介しました。

ミニクラは宅配型トランクルームの代表格と言うにふさわしいサービスだと思いました。

忖度なしと言いながら褒め過ぎている気がしますが、本当に便利で使いやすいサービスでした。

minikura(ミニクラ)はこんな方におススメ!
宅配型トランクルームを初めて使う方
1年以上保管したい方
初期費用を抑えたい方
実績がある会社を選びたい方

保管料無料サービスや割引特典もあるので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

ミニクラ公式サイトはこちら

トラだむの顔

執筆者:トラだむ

「初心者でもわかりやすい!」を目標に、トランクルームの選び方や使い方、収納にまつわるノウハウなどをご紹介しています。
2015年からトランクルーム経営に関わり、関東を中心に展開。活用方法だけでなく経営や運営のノウハウも日々勉強中。シンプル生活を目指していますが、ガジェット類が大好物なので荷物がいっぱい。

こちらもあわせてご覧ください