トランクルーム・レンタル収納の契約形態の違い


近年、多種多様な収納サービスが増えてきており、形態も様々です。

呼び方も色々ありますが、おおまかに2つのジャンルに分けることができます。

2つのジャンルはサービス内容が大きく異なりますので、収納サービスを選ぶ際は注意が必要です。

そこで、それぞれのサービス目的や契約形態、メリットデメリットを含めてわかりやすくご説明します。

「手軽さ」「設備」「補償」の3点も評価していますので、ご自分にあったサービスを見つけてみてください。

①お客様の品物を預り保管するサービス

このサービスは、国土交通省に登録を受けた倉庫業者が運営をしています。

荷物を預り保管することが目的で、倉庫業法の基準に沿った施設と管理が運営業者に求められます。

ですから、個人などで保管することがむずかしい品物などを適切な環境で保管してくれます。

運営業者とは寄託契約になりますので、品物に万が一トラブルがあった場合、業者側の責任になり補償を受けることができます。

出し入れには業者の立会いが必要なため、気軽に出し入れができません。

そのため、営業時間も限られており、必要なときにすぐに取り出したいといった融通が利きません。

しかし、基準に沿った設備の元で管理していますので、防犯などのセキュリティー面は信頼できるものになっています。

手軽さ 設 備 補 償
品物を保管してもらうサービスなので、業者が責任をもって管理してくれます。

②お客様に収納するスペースを貸すサービス

このサービスは、不動産会社や賃貸業者が運営しています。

収納するスペースを貸すことが目的で、倉庫業とは違い特別な認可や設備の基準はありません。

そのため、収納する品物は利用者自身が管理することになります。

運営業者とは賃貸借契約になり、アパートの部屋を借りて荷物を置くことと同じですので、品物に万が一トラブルがあっても、業者側が補償することはありません。

このような施設の場合、出し入れに立会いは必要ないので、時間の融通が利きやすいことが大きなメリットです。

24時間営業しているお店なら、必要なときにすぐ取り出すことができます。

しかし、施設内の設備基準がないため、安心できる収納環境かどうかをご自身でよく確認しなければなりません。

手軽さ 設 備 補 償
スペースを借りるだけなので、品物の管理は自己責任になります。

BBOXのサービスは?

BBOXでは、②のサービスをご提供しております。

賃貸借契約となりますので、スペースをお貸しすることが目的となります。

しかし、当社の場合ただスペースをお貸しするだけではありません。

キレイで快適、安全で安心といった、様々な付加価値がある収納環境を用意しており、多くのお客様にご愛用いただいております。

全店舗24時間営業ですので、いつでも出し入れができます。

また、大型空調やALSOKによるセキュリティー完備でご納得頂けるものになっております。

さらに、賃貸借契約では弱い補償面も、BBOXは家財の保険に加入し、有事の際にお客様の損害を軽減できるようにしております。

但し、適用条件や限度額がありますので詳しくはお問い合わせください。

手軽さ 設 備 補 償
できるだけお客様の負担を無くせるよう設備や補償を用意しております。

ぜひ一度、店舗へお越しいただきBBOXの魅力をご覧ください。


室内型トランクルームBBOXの店舗情報

宇都宮駒生店リンクボタン