室内型トランクルームとコンテナ型のメリットとデメリット

トランクルームとは、「貸し倉庫」や「レンタル収納スペース」とも呼ばれ、家やオフィスで片づけにくいもの、片づけに困っているものなどを、スペースを借りて収納することのできる今人気のサービスです。

トランクルームには、大きく分けて「コンテナ型」と、「屋内型」に分類することができます。

コンテナ型と室内型の写真

コンテナ型は、その名の通り貨物用として使われているようなコンテナに収納するタイプです。

室内型は、ビルや建物のフロアに仕切りが設置され、そのスペースに収納するタイプです。

それぞれの特徴や違いを知ることで、収納したいものに合った倉庫を選ぶことができます。

そこで、コンテナ型と室内型のメリット・デメリットをご紹介します。

コンテナ型と室内型の比較表

コンテナ型と室内型の徹底比較

温度計アイコン 温度・湿度変化
悪い
暑さや寒さ、雨季の湿気にさらされやすく、温度変化による劣化やカビの心配がある。
良い
空調設備が整っており、オールシーズン快適な環境で保管することが可能。
傘アイコン 設置環境
悪い
雨や風、砂埃などにさらされているため、収納庫の中はすぐに汚れてしまう。
良い
建物の中に収納庫があるので、雨や砂埃をシャットアウト
 サイズ
8帖などの大きいラインナップがあり、業務用や大型の電化製品といったものも収納できる。
一般的な家庭にある家電や家具程度のサイズの物なら収納できる。
 セキュリティー
敷地内に第三者が入りやすく、セキュリティーも収納庫の鍵のみの場合があり、万全とは言い難い。
建物内に部外者の立ち入りができないようになっており、館内も常時監視カメラやセンサーによる警備体制が整っている。
 利用できる時間
24時間出し入れできるところもある。
しかし、照明が少なく夜間は暗いので、使いづらく死角も多くて不安との声も。
24時間出し入れ可能。
夜間でも館内は明るく、防犯システムも常時作動しているので、女性にも安心して利用できる。
 出し入れのしやすさ
収納庫を開ける際に雨や雪などが侵入しやすいため、天候を気にしなければならない
収納庫には階段を使わなければならないところもある。
天候を気にすることなく出し入れができる。
台車や脚立が設置され運搬もカンタン。
 清潔さ
収納庫は野ざらしなので、家の物置のような状態で汚れやすい。
外のホコリの影響を受けず、定期巡回もされているので、常にクリーンな環境で収納ができる。


設備が整っていて安心安全なのは室内型!

総合評価
サイズが大きいので大型のものが収納でき、賃料も安いのが特徴です。しかし、温度や湿度、風や雨などの影響が強く、ダメージを受けやすい環境で収納することになります。セキュリティーや安全性も低いので、収納時の不安要素が多いといえます。
コンテナ型ほどスペースは広くありませんが、設備が整っているので、さまざまな家庭用品やオフィス機器、コレクション品などデリケートな荷物の収納に向いています。良い環境が整っているのでどなたにも安心して利用することができます。

あなたの収納したいものに合うタイプが分かりましたか?

大切なものだから、安心できるスペースを借りて収納上手を目指しましょう!


室内型トランクルームBBOXの店舗情報

宇都宮駒生店リンクボタン