収納方法で差がつく!荷物を長持ちさせるひと手間とは?

カビ

BBOXをいつもご利用いただきありがとうございます。

早くも2017年になって1ヵ月が過ぎてしまいましたが、それだけ春に近づいているという感じでポジティブに考えていきたいと思っています。

ところでみなさんは、収納した後どれくらいのペースで出し入れをしたり様子を見に行くことがありますか?

トランクルームは、収納がメインですから頻繁に来て中をチェックするといったことは少ないかもしれません。

しかし、久しぶりに荷物を取りに行ったら状態が悪くなっている、といったことは珍しくないようです。

その中でも特に注意したいのが、カビの発生です。

カビは菌ですので、程よい温度であること、そしてエサのあるところで繁殖します。

室内型のトランクルームは空調や換気設備があるとはいえ、お荷物の状態や収納方法の条件が悪いとカビが発生しやすくなります。

特に、衣類や布団に発生してしまうケースが多いようで、その理由はカビのエサになるたんぱく質が動物系の繊維に含まれているからです。

いったん繁殖してしまうと、その後クリーニングや洗濯で傷んでしまいますよね。

それで、少し手間かもしれませんが、容器や置き方などを工夫するなら、カビを防いで荷物を長持ちさせることができます。

カビ対策の具体的な方法について、こちらのページをご覧ください。